MENU

セミナー一覧

企業・団体が行う環境に関するイベント・セミナーの情報を掲載しています。
環境ビジネスの業界や関連する最新の情報を学び、知識を広げ、スキルを高めて、転職を成功させましょう。

セミナー一覧

5月セミナー情報

公開ワークショップ「まちおこしの現場から明日を考える -若手・中堅研究者の提言-」
概要 地域格差が広がり、人口減少が続くなかで、地方創生がわが国の重要な課題となっている。観光資源や地域資源を活かしたまちおこし、自然環境と調和したまちおこし、子育て・高齢化・健康に配慮したまちづくり、既存施設の再活用、コンパクト化による拠点づくり、都市農村交流、海外交流をはじめ、様々な取り組みが各地で行われている。
本ワークショップでは、まちおこしに取り組む若手・中堅研究者に、現場の取組み、課題、提案を発表していただく。地方創生のためには、地方の主体的な取組みを支援するとともに、様々な分野の交流により、鍵となるコンセプトを見出す必要がある。発表をもとに、会場の一般参加者や当分科会の委員とともに、将来の方向について議論したい。
参加費 無料
開催日時 2017 年 5 月 13 日(土) 14:00 ~ 17:30
主催 日本学術会議
土木工学・建築学委員会
地方創生のための国土・まちづくり分科会
高原の植物観察~植物と人や自然の関わりを知ろう~
概要 国際植物の日(Fascination of Plants Day)「5月18 日」は国際的な事業として欧州植物科学機構(European PlantScience Organisation; EPSO)のもと、2012 年に始まりました。この活動をとおして、世界中の人たちと一緒に植物の大切さを見直し、様々な分野における植物科学の重要性をあらためて考えていくことを目的としています。
これにちなみ、筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所では、本センター教員による講演と、野外観察会を行います。新緑の菅平高原で、植物や生物多様性について考えてみませんか?
参加費 無料(別途保険代50円)
開催日時 5月21日(日) 10時半~15時(10時~受付)
主催 筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所
第2回次世代の人工知能技術に関する合同シンポジウム
概要 人工知能技術の研究開発と社会実装を加速化するため、政府の司令塔として「人工知能技術戦略会議」を設置し、戦略会議は、本日、「人工知能の研究開発目標と産業化のロードマップ」を取りまとめました。
こうした取組の成果を発表するとともに関係機関等との連携を加速するため、第2回「次世代の人工知能技術に関する合同シンポジウム」を開催します。
参加費 無料
開催日時 平成29年5月22日(月)12時20分~18時50分(予定)
主催 人工知能技術戦略会議、総務省、文部科学省、経済産業省、国立研究開発法人情報通信研究機構
気候変動における環境工学の貢献 ~緩和と適応~
概要 日本学術会議 土木工学・建築学委員会学際連携分科会が主催し、日本土壌肥料学会も共催している第30回環境工学連合講演会が下記のとおり開催されます。
参加費 無料
開催日時 2017年(平成29年)5月23日(火)
主催 日本学術会議 土木工学・建築学委員会学際連携分科会

6月セミナー情報

エコライフ・フェア 2017
概要 エコライフ・フェアは、毎年6月の環境月間に全国各地で展開される様々な行事の中の主たる行事の一つとして、平成2年以来、環境省、関係地方公共団体、関連法人、団体、企業、NGO 等が連携し、環境保全全般にわたる普及啓発活動を実施してきました。近年は、環境の日(6月5日)前後の土曜日、日曜日の2日間、東京・渋谷の代々木公園ケヤキ並木・イベント広場を会場に開催しています。
参加費 無料
開催日時 6月3日(土) 11:00〜17:00、6月4日(日) 10:00〜17:00
主催 環境省
第18回 地震防災技術懇話会
概要 土木学会地震工学委員会の地震防災技術普及小委員会(委員長:濱野雅裕)では「阪神・淡路大震災、東日本大震災等の教訓」を活かし、わが国の地震防災に関する技術水準を高めていくために、種々の普及活動を実施しております。その一環として、2002年5月より標記「地震防災技術懇話会」を開催しております。
当懇話会では、国内外の地震防災分野の著名な先生方を講師としてお招きして、できるだけ平易で肩の凝らない話をしていただき、地震防災技術のより一層の普及、向上を目指すようにしております。また、当懇話会では、講師と参加者あるいは参加者同士の懇話を通して、全員が親しくお話いただけるような時間も設けております。
参加費 無料
開催日時 2017年6月16日(金)15:30~17:00
主催 土木学会(担当:地震工学委員会 地震防災技術普及小委員会)