MENU

セミナー一覧

企業・団体が行う環境に関するイベント・セミナーの情報を掲載しています。
環境ビジネスの業界や関連する最新の情報を学び、知識を広げ、スキルを高めて、転職を成功させましょう。

セミナー一覧

10月セミナー情報

日本学術会議公開シンポジウム / 第6回防災学術連携シンポジウム「あなたが知りたい防災科学の最前線 首都直下地震に備える」
概要 近年首都直下地震の発生が危惧されています。日本学術会議や防災学術連携体(56学会)には、様々な視点から、首都直下地震の災害の軽減に向けて研究を続けている研究者がいます。防災においては「自助・共助」「地域での連携」が大切で、消防団、町内会や自治会、学校や職場で、防災訓練や教育が続けられています。
シンポジウムでは、地域の防災力の強化に科学を役立てるため、市民の皆様が知りたい防災科学の最前線をわかりやすくお伝えします。
参加費 無料
開催日時 2018年10月13日(土)16:30 ~ 19:00
会場 東京ビッグサイト会議棟7F国際会議場
主催 日本学術会議 防災減災学術連携委員会、防災学術連携体
第19回東京湾シンポジウム −沿岸域の環境改善に向けた新しい技術・考え方−
概要 今年のテーマは,「沿岸域の環境改善に向けた新しい技術・考え方」です.
東京湾および閉鎖性内湾の環境研究の情報収集・交換の場としてご利用して頂ければ幸いです.
皆様のご参加をお待ちしております.
参加費 無料
開催日時 2018年10月18日(木) 13:00‐17:30(開場12:00)
会場 横浜港大さん橋国際客船ターミナル 大さん橋ホール
主催 国土技術政策総合研究所
サステイナブル・ツーリズム国際認証東京セミナー第3回「各地で進む持続可能な観光地域づくり最新情報~南丹市美山、茅野市の取組から~」
概要 国土交通政策研究所の研究報告から、世界のサステイナブルな認証制度の現状をうかがい、サステイナブル・ツーリズムの実態と今後の見通しについて、2回目以降地域での取り組みを中心にご紹介いただきます。すでに国際認証取得に向けて動き出している事例から、サステイナビリティを重視した観光地域づくりが進む事例など、世界的な流れと足元の取り組みを合わせ、サステイナブル・ツーリズムについて探ります。
参加費 無料
開催日時 2018年10月19日(金) 16:00-18:00 (受付15:30より)
会場 公益社団法人日本観光振興協会
主催 特定非営利活動法人日本エコツーリズムセンター
大気汚染物質のリスク評価手法に関するセミナー—今後の有害大気汚染物質の健康リスク評価のあり方について—
概要 有害大気汚染物質の指針値等の目標設定のために有害性に係る評価値を算出する基本的な方針として、平成15年に中央環境審議会答申において「今後の有害大気汚染物質の健康リスク評価のあり方について」及びその別紙「指針値算出の具体的手順」が示され、平成18年には別紙「具体的手順」が一部改定されました。しかしながら数年を経て、様々な課題があることが指摘されていたため、中央環境審議会大気環境部会健康リスク総合専門委員会における議論を経て、平成26年4月に改定案が当該専門委員会報告として大気・騒音振動部会に報告され、その後、第十次答申として中央環境審議会から環境大臣に答申されました。
国立環境研究所 環境リスク・健康研究センターでは、環境省の委託を受け、平成27年度から29年度にかけて、第十次答申で全面改定された「今後の有害大気汚染物質の健康リスク評価のあり方について」及びその別紙「指針値設定のための評価値算出の具体的手順」において示されている課題等について検討を行い、これらの改定案の作成を進めるとともに、付属用語集における記載内容の整合性の確認等を行ってきたところです。
本セミナーでは、我が国における有害大気汚染物質の健康リスク評価手法の現在の状況や今後の動向について、大気汚染物質のリスク評価の専門家や行政担当者にご紹介頂きます。また、総合討議においては講演者を交え、現状の問題点や進むべき方向性について幅広く議論していきます。皆様のご参加をお待ちしております。
参加費 無料
開催日時 平成30年10月25日(木) 13:30~16:30(13:15開場)
会場 フクラシア八重洲 会議室A
主催 国立研究開発法人 国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター

11月セミナー情報

未来を拓く無機膜環境・エネルギー技術シンポジウム
概要 無機膜は、シリカ、ゼオライト、パラジウムなどセラミックや金属を材料とした分離膜であり、透過分離性能、機械的強度・耐熱性・耐薬品性等を有しているため、エネルギーキャリアからの水素の分離精製やエネルギーを多く消費する蒸留プロセスの代替技術などへの適用が期待されています。
当機構無機膜研究センターでは、この無機膜を用いた革新的環境・エネルギー技術に関する最先端の研究開発を推進するとともに、その実用化・産業化に向けて、分離膜・支持体メーカーやそのユーザー企業と「産業化戦略協議会」を設立し、メーカーとユーザー企業のビジョンの共有化や共同研究の創出に向け、各種活動を行っています。
今回のシンポジウムでは、"水素エネルギー利用"と"無機膜"の最新動向と実用化に向けた取り組みにフォーカスし、NEDOおよび大学、企業の方々にご講演いただくとともに、無機膜研究センターの最新の研究成果や産業化戦略協議会の取り組みを紹介いたします。本シンポジウムを通じ、無機膜を用いた革新的環境・エネルギー技術の開発推進や、無機膜産業の創出について、ご参加の皆様と共に深く考える機会としたいと存じます。
参加費 無料
開催日時 2018年11月6日(火) 13:30~16:50
会場 伊藤謝恩ホール(東京)
主催 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)