MENU

キャリア形成支援

受講講座一覧

12月受講講座

講座名称 化学物質管理講座Ⅲ】これからの事業所関連化学物質管理
概要 これからの事業所の化学物質管理について、法規制への対応や企業の管理体制について基本となる考え方を解説します。
頼りになるベテラン担当者が引退し、世代交代により一時的に技術・知識力が低下したと思うことはありませんか?対策をしていたはずが実際にはできていなかったという経験はありませんか?担当者だけに任せきりになっていませんか?
このセミナーでは、事業所の化学物質管理に限定し、事業所が対応すべき法規制の概要を解説するとともに、講師が知りえる「やってます、でもできてませんでした。」の過去の事例を紹介しつつ、事故がどのようにして起こるのか、どうすれば防げたのか、主に体制と人材の面から紹介していきます。
会場・開催日 【大阪】12月4日(月)13:30-16:00(受付開始 13:15)
  株式会社西部麻綱会館(麻綱ビル) 10階 会議室
【東京】1月26日(金)13:30-16:00 (受付開始 13:15)
  一般社団法人産業環境管理協会  6階AB会議室
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 【SDS事始め】GHS-ラベル-SDS 基礎セミナー
概要 本セミナーは、基本的知識を得たい方のためのコースです。 最近、化学関係会社はもちろん、商社、建設、輸送、電気電子、機械、自動車、医療機器など多くの企業で、かつ企業規模にかかわらず、GHSに基づくラベル、SDSに関する理解が不可欠となっています。
GHS-ラベル-SDS基礎セミナーでは、下記内容についての基本的説明を行います。日本の例を中心にし、海外で特に留意する点についても説明します。代表的質問に対する回答やトピックスは各項に織り込んで説明します。
会場・開催日 【東京】12月4日(月)13:30-16:00 (受付開始13:15)
  一般社団法人産業環境管理協会  6階AB会議室
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 【化学物質管理講座Ⅰ】製品中の化学物質を管理する基本的な考え方
概要 製品含有化学物質管理とは何か、管理するとはどういうことか、担当者が知っておかなければならないポイントを基礎知識から考え方に至るまでわかりやすく解説します。
このセミナーは、初めて化学物質管理の担当になられた方、取引先から管理体制について要求されている担当の方等、化学物質管理を始めたい方・見直したい方におすすめです。化学物質管理の基本となる「規制対応」「管理体制」「情報伝達」をキーワードに、エンドユーザーが求める体制や各種情報の収集方法について、担当者が悩むポイントを講師が過去の経験と今の業界スタンスに合わせて解説します。
会場・開催日 【大阪】12月5日(火)13:30-16:30 (受付開始13:15)
  株式会社西部麻綱会館(麻綱ビル) 10階 会議室
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 【化学物質管理講座Ⅱ】評価する側から見た化学物質管理のポイント
概要 製品含有化学物質の管理体制は自社や取引先の業種業態によって異なりますが、土台となる考え方は同じです。川下企業から見ると、製品含有化学物質管理に企業規模は関係ありません。自社の品種等により、要求範囲が変わりますので、その対応が自社できるようにすることが大切です。
このセミナーは、製品含有化学物質管理第3版のチェックシートを使った実践的なものです。講師は過去に見聞きした様々な事故事例からエンドユーザーが重きを置いているポイントを中心に、何ができていて何が足りないか、担当者がより適切に体制評価を行う上で何を見てどのように判断していくのか、手順とノウハウをわかりやすく解説します。内部監査員や取引先の監査を行う場合を想定して受講いただくとより理解が進むと思います。 「自社の管理体制を見直したい」、「より適切な製品含有化学物質管理のための内部監査員を教育したい」『取引先の評価・指導』と考えている企業の方にお勧めです。
会場・開催日 【東京】12月5日(火)9:30-17:00(試験時間1時間を含む)(受付開始 9:15)
  一般社団法人産業環境管理協会  6階AB会議室
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 【その道のプロに学ぶ事故・労災防止セミナー】基礎編/事故はなぜ起きるのか?
概要 有害物質の環境漏洩から火災、爆発まで、工場での大小様々な事故が報告されています。事故防止の第1歩として、豊富な工場事故事例を、人・もの・設備の内因と、地震・停電等の外乱要因別に整理して、なぜ、事故が起こるのかを学びます。日頃の安全管理に加え、普段やっていない非定常作業(休日の作業、定修時、設備の改造時、使用物質の変更など)まで含めて、危険源を洗い出す感性を養います。
会場・開催日 【東京】12月12日(火)10:00(開講)~16:00(終了予定)(受付開始:9:30~)
  フォーラムミカサ エコ 8Fホール
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 【定期セミナー】1日丸ごと化学物質管理漬け ~EUの法規制(REACH/RoHSを中心に)編~
概要 化学物質を規制する法規は世界的に増えてます。自社の管理対象物質を更新したり、関連する法規制の最新動向を確認することは重要です。このセミナーでは、EUのRoHS指令とREACH規則を中心に、法規制の概要を説明するとともに、担当者が知るべきポイントや対応について解説します。また、セミナーの最後ではグループディスカッションを行い、課題について皆で考えながら進めていきます。朝から夕方までミッチリやります。
各国法規制についてもっと幅広く内容を知りたい方、経験者だが、最新情報を網羅するため基礎からおさらいしたいという方、自社で海外取引がある企業や規制物質の最新情報を確認したい企業の担当者にお勧めのコースです。
会場・開催日 【東京】12月13日(木)10:00-16:45 (受付開始 9:45)
  一般社団法人産業環境管理協会  6階AB会議室
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 公害防止管理者等リフレッシュ研修
概要 公害防止管理者・環境管理に携わっている方々へ、工場や企業における郊外管理の教育・サポートをいたします。
会場・開催日 【東京】12月14日(木)
  大田区産業プラザ
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 【定期セミナー】1日丸ごと化学物質管理漬け ~アジア・その他の法規制(REACH系/RoHS系を中心に)編~
概要 化学物質を規制する法規は世界的に増えてます。自社の管理対象物質を更新したり、関連する法規制の最新動向を確認することは重要です。このセミとナーでは、最近注目されているアジアの法規制(主にRoHS系/REACH系)、について概要を説明するとともに、その他各国の動向や国による違いも含めて解説します。セミナーの最後ではグループディスカッションを行い、課題について皆で考えながら進めていきます。朝から夕方までミッチリやります。
各国法規制についてもっと幅広く内容を知りたい方、経験者だが、最新情報を網羅するため基礎からおさらいしたいという方、自社で海外取引がある企業や規制物質の最新情報を確認したい企業の担当者にお勧めのコースです。
会場・開催日 【東京】12月18日(月)10:00-16:45(受付開始 9:45)
  一般社団法人産業環境管理協会  6階AB会議室
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 環境担当者向け廃棄物研修 実務者編
概要 環境関連法の中で、最も違反の多い法律、廃棄物処理法。毎年のように改正され、廃棄物処理法のすべてを把握するのは困難を極めます。
新通達、摘発事例を知らずに・・・、法解釈を勘違いしているケース・・・など知らず知らずのうちに違反状態に陥っていることも多い。
廃棄物処理法や廃棄物の考え方、実務上での問題点などについて、経験豊富な講師による“排出事業者の立場にあった解説”を提供します。
【実務者編】は、深く学びたい中・上級者(実務者)に対応。
会場・開催日 【大阪】12月21日(水)13:30(開講)~16:45(終了予定)
  新大阪丸ビル別館
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 環境担当者向け廃棄物研修 ベーシック編
概要 環境関連法の中で、最も違反の多い法律、廃棄物処理法。毎年のように改正され、廃棄物処理法のすべてを把握するのは困難を極めます。
新通達、摘発事例を知らずに・・・、法解釈を勘違いしているケース・・・など知らず知らずのうちに違反状態に陥っていることも多い。
廃棄物処理法や廃棄物の考え方、実務上での問題点などについて、経験豊富な講師による“排出事業者の立場にあった解説”を提供します。
【ベーシック編】は、廃棄物の基礎から学びたい方に対応。
会場・開催日 【大阪】12月21日(水)10:00(開講)~12:30(終了予定)
  新大阪丸ビル別館
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 【その道のプロに学ぶ事故・労災防止セミナー】実践編/教育訓練・技術伝承の重要性
概要 漏れ・火災・爆発などの事故や、地震、停電、落雷などの外乱要因は、めったに起こるものではありません。しかし、そのような緊急時にどうすればよいのか、対応を定め、準備しておくことは重要です。パニックや初動の誤りが、大きな事故につながることがあります。また、労災や事故を防ぐためには、作業の注意点やコツなど、効果的な技術伝承が必要です。工場における効果的な教育訓練のコツについて、豊富な実例を交えて解説します。
会場・開催日 【東京】12月21日(木)10:00(開講)~16:00(終了予定)(受付開始:9:30~)
  (財)日本産業技能教習協会 神田本部教室 6階
主催 一般社団法人 産業環境管理協会

1月受講講座

講座名称 【実践セミナー】改正労働安全衛生法(リスクアセスメント)への適切な対応
概要 本セミナーでは、改正労働安全衛生法の概要(改正のポイントの整理)とリスクアセスメントの手順について解説します。職場に戻ってすぐにリスクアセスメントを実施していただけるよう、パソコンを使用した実務演習を行います(Microsoft Excelの入ったパソコンをお持込下さい※)。 演習では、自社で使っている化学物質のSDSと作業場を想定しながら、リスクアセスメントツールを使用したリスクアセスメントの実施から、労基署の立入検査時の対応や労働者への周知方法(レポート作成等)について説明します。
会場・開催日 【東京】1月10日(水)13:30-16:30 (受付開始13:15)
  一般社団法人産業環境管理協会  6階AB会議室
主催 一般社団法人 産業環境管理協会
講座名称 公開講座 小説『劔岳<点の記>』を楽しく読むために
概要 『劔岳<点の記>』(新田次郎作)は、明治末期に参謀本部陸地測量部の若き測量手柴崎芳太郎らの測量隊が、五万分一地形図の空白地帯で、当時前人未踏の信仰対象の山であった北アルプス劔岳への山岳測量プロジェクトを題材にした山岳小説である。これ以降、新田次郎は山岳小説を書いていない。新田山岳文学の集大成にあたる作品でもある。
地図の空白地帯を埋めるために、その基本となる三等三角点網を完成すべく信念と勇気を持ち、様々な艱難辛苦と戦いながら困難な山岳測量に取り組んだ柴崎測量隊の姿が描かれている。平成21(2009)年には映画化され、測量界では過熱化した時期もあったが、それ以降は話題に上ることも少なくなった。上映時間の限られた映画では、この小説の全貌を知ることはできない。
小説『劔岳<点の記>』は事実に基づいた作家の創作であり、フィクションではあるが、その中には、過去の三角測量の原風景や明治という時代に生きた測量人の信念が生き生きと描かれ、時空を超えて私たちに感動を与えてくれる。
明治150年という記念の年を迎え、新田次郎最後の山岳文学を今再び鑑賞したい。
会場・開催日 2018年1月19日(金) 16:00~17:30 16時より
公社)日本測量協会 研修室
主催 公益社団法人 日本測量協会
講座名称 公開講座 小説『劔岳<点の記>』を楽しく読むために(Web講座)
概要 『劔岳<点の記>』(新田次郎作)は、明治末期に参謀本部陸地測量部の若き測量手柴崎芳太郎らの測量隊が、五万分一地形図の空白地帯で、当時前人未踏の信仰対象の山であった北アルプス劔岳への山岳測量プロジェクトを題材にした山岳小説である。これ以降、新田次郎は山岳小説を書いていない。新田山岳文学の集大成にあたる作品でもある。
地図の空白地帯を埋めるために、その基本となる三等三角点網を完成すべく信念と勇気を持ち、様々な艱難辛苦と戦いながら困難な山岳測量に取り組んだ柴崎測量隊の姿が描かれている。平成21(2009)年には映画化され、測量界では過熱化した時期もあったが、それ以降は話題に上ることも少なくなった。上映時間の限られた映画では、この小説の全貌を知ることはできない。
小説『劔岳<点の記>』は事実に基づいた作家の創作であり、フィクションではあるが、その中には、過去の三角測量の原風景や明治という時代に生きた測量人の信念が生き生きと描かれ、時空を超えて私たちに感動を与えてくれる。
明治150年という記念の年を迎え、新田次郎最後の山岳文学を今再び鑑賞したい。
東京で開催される公開講座をインターネットを通じて同時中継するものです。
会場・開催日 2018年1月19日(金) 16:00~17:30 16時より
イトウビル4階
主催 公益社団法人 日本測量協会
講座名称 【実践セミナー】GHS-ラベル-SDS セミナー実践編
概要 基礎的知識がある程度ある方が、実際にGHS分類、SDS・ラベル作成を行う際に直面する問題を解決するためのコースです。
下記内容について実践経験豊富な講師が具体的シミュレーション等を活用して説明し、具体的質問対応も行います。日本の例を中心にし、海外で特に留意する点についても説明します。代表的質問回答やトピックスは各項に織り込んで説明します。具体的質問の質疑応答時間も用意しています。
会場・開催日 【東京】1月30日(火)10:00-17:00 (受付開始9:45)
  一般社団法人産業環境管理協会  6階AB会議室
主催 一般社団法人産業環境管理協会