MENU

環境セミナー情報詳細

【日本学術会議公開シンポジウム】サステイナブルな社会に向けた科学技術と自然界での炭素・水素・酸素・窒素の循環の調和

セミナー名称 【日本学術会議公開シンポジウム】サステイナブルな社会に向けた科学技術と自然界での炭素・水素・酸素・窒素の循環の調和
概要

日本学術会議化学委員会主催の公開シンポジウムです。

詳細は、 チラシ 【日本学術会議公開シンポジウム】サステイナブルな社会に向けた科学技術と自然界での炭素・水素・酸素・窒素の循環の調和(PDF)

プログラム
  • 開会挨拶
  • 岩澤 康裕(日本学術会議連携会員、電気通信大学燃料電池イノベーション研究センター長・特任教授)

  • 趣旨説明・総論 
  • 「炭素-水素-酸素-窒素の元素循環とサステイナブルな利用」
  • 関根 泰(日本学術会議特任連携会員、早稲田大学先進理工 教授)

  • 「光合成と人工光合成」
  • 工藤 昭彦(日本学術会議連携会員、東京理科大学理学部応用化学科教授)

  • 「炭素循環:二酸化炭素の回収および転換技術」
  • 藤田 照典(日本学術会議連携会員、三井化学(株)シニア・リサーチフェロー、特別研究室長)

  • 「人類の持続型成長を担うグリーン水素と燃料電池」
  • 太田 健一郎(横浜国立大学名誉教授)

  • 「環境中での窒素循環」
  • 中村 亮二(科学技術振興機構 研究開発戦略センター フェロー)

  • 「産業における窒素化合物利用技術の課題と展望:エネルギーと環境の視点から」
  • 秋鹿 研一(東京工業大学名誉教授)

  • 総括・自由討論
  • 関根 泰(日本学術会議特任連携会員、早稲田大学先進理工 教授)

  • 閉会挨拶
  • 所 千晴 (日本学術会議第三部会会員、早稲田大学創造理工 教授)
参加費

無 料

日時

2019年4月12日 13:00~18:00

会場

日本学術会議講堂
東京都港区六本木7-22-34

申し込み方法

参加ご希望の方は下記事務局(早大関根研)まで、お名前・ご所属・連絡先を添えてご連絡ください.
20190412CHNO@gmail.com

問い合わせ先

事務局(早大関根研)
20190412CHNO@gmail.com

主催

日本学術会議 化学委員会・総合工学委員会・材料工学委員会合同触媒化学・化学工学分科会、科学技術振興機構研究開発戦略センター、日本学術振興会 科学研究費新学術領域「光合成分子機構の学理解明と時空間制御による革新的光―物質変換系の創製」(I4LEC)、一般社団法人 日本化学連合、公益社団法人 化学工学会

協賛

公益社団法人 日本化学会、一般社団法人 触媒学会、光化学協会、公益社団法人 石油学会、一般社団法人 水素エネルギー協会、一般社団法人 土壌肥料学会、カーボン・エネルギーコントロール社会協議会 (CanApple)、

後援

公益社団法人 日本農芸化学会

←環境セミナー情報一覧にもどる