求人検索

検索条件:
正社員・契約社員 特徴:ベンチャー・スタートアップ

求人一覧 95件

求人ID 23394

海洋環境のサステナビリティを考えたことはありますか?気候変動による海洋環境の変化や不漁、海洋ゴミ、生物多様性の損失など、海に起きている問題は様々です。
このような状況のなか、気候変動による海洋環境の変化にも順応可能なサステナブルな漁業認証の需要が高まっています。漁業を行う中で生態系・環境への影響が軽減されているか、地域や国内・国際的なルールや制度に則っているかなど、持続的な漁業経営が行われているかどうかを判断するために、多岐にわたる項目が国際認証として審査・認証されています。

募集企業では、調達現場から食卓に並ばれるまでに関わる全てのステークホルダーと関わりながら、持続可能な漁業を広めるためのプロジェクトを進められることが特徴です。(漁業・養殖事業者、生産現場、地域行政、企業、飲食店、消費者 等)
現場目線で専門性を高めていきたい方にご応募いただきたい求人です。
担当マッチングディレクター
井坂 佑

求人ID 23386

  • 営業
  • 廃棄物・資源循環
募集企業は資源循環のトップランナーとして環境配慮性が高い代替素材の開発普及や廃プラスチックのリサイクルに取り組むだけでなく、国内外における資源循環の仕組みづくりに邁進するベンチャー企業です。
国際的な共通目標となっている脱炭素や、2022年4月に施行されたプラスチック資源循環法、諸外国における廃プラスチックの輸入規制などを背景に、資源循環・サーキュラーエコノミーに対する注目はこれまでになく高まっています。
プラスチックのリサイクルを促進することで、石油使用量を削減やマイクロプラによる生態系汚染の防止、水平サイクル・アップサイクルによる環境面の付加価値も期待できます。

本ポジションでは新規開拓営業の担当を募集中です。IT,金融,コンサル,広告など、異業種での営業経験者が集まり、TheModel型の営業チームの立ち上げ~体制構築の真っ只中です。
サステナブル素材の普及拡大を通じた資源循環の仕組み作りにご興味をお持ちでしたらぜひご応募ください。
担当マッチングディレクター
高木 広陽

求人ID 23385

  • 営業
  • 廃棄物・資源循環
募集企業は資源循環のトップランナーとして環境配慮性が高い代替素材の開発普及や廃プラスチックのリサイクルに取り組むだけでなく、国内外における資源循環の仕組みづくりに邁進するベンチャー企業です。
国際的な共通目標となっている脱炭素や、2022年4月に施行されたプラスチック資源循環法、諸外国における廃プラスチックの輸入規制などを背景に、資源循環・サーキュラーエコノミーに対する注目はこれまでになく高まっています。
プラスチックのリサイクルを促進することで、石油使用量を削減やマイクロプラによる生態系汚染の防止、水平サイクル・アップサイクルによる環境面の付加価値も期待できます。

本ポジションでは新設されたインサイドセールスチームにて、市場調査・企画提案・案件創出・クロージングまで幅広くご対応頂きます。
営業や接客等の対人業務経験をお持ちで、資源循環の仕組み作りにご興味をお持ちでしたらぜひご応募ください。
担当マッチングディレクター
高木 広陽

求人ID 23382

2023年10月に東証でカーボンクレジットの取引が開始され、2026年には排出権取引が本格的に開始される予定です。脱炭素社会実現のため、ようやく進み始めたようにも感じます。しかしながら、プライム上場企業のGHG排出量の合計が約109億t/年に対し、現在カーボンクレジットとして国内で創出されているクレジットは約900万t/年しかありません。このままでは企業間でカーボンクレジットの取り合いになってしまうでしょう。
日本国内には脱炭素支援を行う企業は多くあるものの、カーボンクレジットを専門に扱う企業はほとんどなく、海外クレジットの調達とJクレジットの申請・取得を専門に行う会社を立ち上げました。
今回、地域脱炭素社会実現に向けたコンソーシアムを全国の金融機関と共同で新たに立ち上げるプロジェクトが始まり、コンソーシアムの運営を担当していただきます。
2024年5月に第1回の開催が決まっており、コンソーシアム運営や企業向けのワークショップ開催の経験をお持ちの方にご応募いただきたい求人です。
担当マッチングディレクター
井坂 佑

求人ID 23381

2023年10月に東京証券取引所においてカーボン・クレジット市場が開設されました。カーボン・クレジットの活用は、社会全体での効率的な排出削減を実現するためにも有効と言われる一方で、日本国内においてはクレジット市場が小さく、認知度もまだ低いため、カーボンクレジット以外の直接的な脱炭素の取り組みのほうが効果的だという意見や批判の声もあるように感じます。環境省のレポートではSBT認定数が世界2位と発表されていますが、COPでは化石賞の常連です。2030年にカーボンハーフは達成するのでしょうか。
募集企業では日本国内でも少ない日本全国のカーボン・クレジット創出支援の他に、海外クレジットの調達・販売も行っています。
今回の募集では、カーボンクレジットや非化石証書の調達、法人向けの営業を担当するメンバーを採用します。日本企業の脱炭素アクションに関われる求人です。ご応募・お問い合わせをお待ちしております。
担当マッチングディレクター
井坂 佑

求人ID 23380

2023年10月に東京証券取引所においてカーボン・クレジット市場が開設されました。カーボン・クレジットの活用は、社会全体での効率的な排出削減を実現するためにも有効と言われる一方で、日本国内においてはクレジット市場が小さく、認知度もまだ低いため、カーボンクレジット以外の直接的な脱炭素の取り組みのほうが効果的だという意見や批判の声もあるように感じます。環境省のレポートではSBT認定数が世界2位と発表されていますが、COPでは化石賞の常連です。2030年にカーボンハーフは達成するのでしょうか。

募集企業では日本国内でも少ない日本全国のカーボン・クレジット創出支援の他に、海外クレジットの調達・販売も行っています。今回の募集ではJクレジット認定プロバイダーと強みの海外クレジットのネットワークを生かした需要家に対する提案販売、支援を行っていただきます。

日本基準の脱炭素アクションを作っていきたい方にご応募いただきたい求人です。
ご応募・お問い合わせをお待ちしております。
担当マッチングディレクター
井坂 佑

求人ID 23367

  • AI
  • 営業
  • エネルギー管理
  • エネルギー業界
  • クラウド
  • 建設・建築・不動産
  • 建設コンサル
  • プラントエンジニア
社会インフラ向上にITで貢献し生活・社会を変えることを理念に掲げ、独自のAIプラットフォームを保有する上場ベンチャー企業です。エネルギーの領域からSCM・交通の領域、直近では温室効果ガスの算定システムなども開発しており、社会インフラを軸として事業領域を拡大しています。

自社のAIフレームワーク開発に成功し、総合商社やプラント・IT企業とパートナーシップを結んで、社会インフラ向上に貢献しようとするAI業界でも注目のベンチャー企業です。技術アドバイザーには多数の大学教授がついており、絶えず技術開発に取り組んでいます。ベンチャーの自由さも持ちながらも、落ち着いた社風が魅力の企業です。

今回は新規事業である蓄電池プロジェクトを拡大予定です。
プラントの建設や設備・電気関係における事業推進を中心にプロジェクトの管理をおこなっていただきます。
リモート・フレックスが充実している働きやすい環境ですので、建設関連からの転身を検討中の方にもおすすめです。
担当マッチングディレクター
横山 竜甫

求人ID 23350

募集企業は地域課題に対応するコンサルティングファームとして、地域エネルギー会社やまちづくりマネジメント会社の計画・立上げを支援しています。地方地域が経済的にも自立していけるようなビジネスを、補助金の活用・地域やパートナー企業と協業で立上げており、事業会社に近い立場で事業を展開しています。新規事業を立上げ、地方の人材・電気・資金・ノウハウなどの資源を地域内循環させて、地方創生に貢献するしています。

今回は、再エネ電力を地域で活用する、再エネアグリゲーションの事業拡大の為、電力を供給する再エネ事業者、電力を利用する自治体・企業の双方の開拓、マッチングを担当していただきます。地域で創出されたエネルギーを活用するので、地域の雇用も創出し、地域活性化を加速させています。

地域活性化に熱意を持ち、新規事業に粘り強く取り組める方を募集しております。フレックスタイム制・テレワークを導入しており、働きやすい環境が整っています。
長期的に地域と関わりながら、本気で地方・地域の課題解決ビジネスを展開したい方への挑戦の場があります。
担当マッチングディレクター
井坂 佑

求人ID 23336

”カーボンクレジット”と聞いて皆さんはどう思われますか。
「ワードは知っていても詳しく知らない」「なんとなく良いイメージを持てない」このように思われる方もいらっしゃると思います。
大手企業を中心に脱炭素推進を積極的に行っているものの、Scope1・2の取組みに留まっていると思いませんか?このままではカーボンニュートラルどころか2030年のカーボンハーフの達成もままならない状況です。Scope3をどう減らしていくのか、カーボンクレジットを取り入れた脱炭素戦略を考えていかないといけない状況です。
募集企業では地方の中小企業とタッグを組みカーボンクレジットを創出し、Scope3を減らしながらカーボンクレジットを創出するスキームを作りました。
今回募集するPR部門ではメディアへのアプローチとリレーションを担当していただきます。とても大切なビジネスですが、知名度があるわけではないためメディアに飛び込んで関係構築に取り組んでくれる方を募集します。
気候変動、サステナビリティに関心があり、自社の環境サービスを通して脱炭素社会を加速させていきたい思いを持った方にご応募していただきたい求人です。
担当マッチングディレクター
井坂 佑

求人ID 23305

  • ESG
  • GHG・LCA
  • 廃棄物・資源循環
募集企業は資源循環のトップランナーとして、環境配慮性が高い代替素材の開発普及や廃プラスチックのリサイクルを通じて、国内外における資源循環の仕組みづくりに邁進するベンチャー企業です。

これまでもサステナブルな素材・製品の開発普及に取り組んできた組織ですが、さらなる事業展開としてCCU(Carbon Capture and Utilization:排ガスや大気中から回収したCO2の利用)による新規素材の開発を構想しています。大手の製造業やプラント事業者と連携することで、GHG排出の削減に貢献しつつ製品を生み出すことが出来るようになります。

本ポジションではCCUを活用した新素材の事業化に向けて、国内外ステークホルダーとのパートナーシップ構築、社内技術部門との連携、社会実装に向けた地盤固めなど、事業開発のPMとして様々なミッションに取り組んでいただきます。中長期的な目線で、次世代に繋がる事業を共創して頂ける方を募集中です。
担当マッチングディレクター
高木 広陽

絞り込み検索

絞り込み検索とじる
年収(正社員・契約社員):
時給(派遣・副業):