MENU

環境セミナー情報

環境セミナー情報一覧

1月セミナー情報

セミナー名称 2021年度 関東地区・応用力学フォーラム~V&Vと性能設計の接点~
概要

土木学会の応用力学委員会には「土木分野の数値解析におけるV&Vに関する小委員会」と「データ駆動型の信頼性設計およびリスク評価実装研究小委員会」があり、V&Vや信頼性設計について検討を行っています。このたび、これらの小委員会の共催により、~V&Vと性能設計の接点~と題するフォーラムを企画いたしました。V&Vや性能設計にご関心のある皆さまには、ぜひご参加を検討していただければ幸いです。

参加費 無料
開催日時

2022年1月18日(火)13:00~16:00

形式 オンライン(Zoom)
主催

土木学会応用力学委員会

セミナー名称 再エネ×テクノブリッジ® in 石川~風力発電の展望と水素エネルギー利用の最新動向~
概要

石川県では、次世代産業 重点支援分野の1つに「エネルギー・脱炭素」を掲げ、洋上風力発電や水素の利活用に力を入れるなど、地域全体で再エネ導入の機運が高まっています。
再エネ×テクノブリッジ® in 石川では、産総研・福島再生可能エネルギー研究所(FREA)の取組みを紹介いたします。また、これまでそれぞれの分野で培ってきた優れた技術力を持った県内企業の方たちと『地域を再エネで元気にするための方策』を探ります。

参加費 無料
開催日時

2022年1月18日(火)13:00~17:00

形式 オンラインでのライブ配信型開催
主催

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

セミナー名称 第6回水辺からはじまる生態系ネットワーク全国フォーラム
概要

本フォーラムは、国土交通省の主催により、生態系ネットワークの取組を通じた魅力的で活力ある地域づくりの成功事例等についてより多くの人に知ってもらうことを目的として開催されており、今回が6回目の開催となります。生態系ネットワークを活用し、地域と流域が一体となって一層地域が活性化されるよう、環境省及び農林水産省が共催しております。
今回のフォーラムでは、河川を始めとする水辺の保全・利活用に取り組む多様な主体間の橋渡しを行い、水辺の豊かさを活かした地域振興を推進する原動力となった「地域のキーマン」から、取組を具体化する上での苦労や工夫や、各地域で動き出しつつある流域間交流の取組状況等について紹介いただきます。

参加費 無料
開催日時

令和4年1月20日(木)14:00~15:30

形式 オンライン(Zoomウェビナー)にて開催
主催

国土交通省

セミナー名称 インフラ整備70年講演会(第27回)「大阪湾フェニックスプロジェクト」 ~近畿圏における廃棄物の広域処分~
概要

1970年代、近畿圏の内陸部は⾼密度に⼟地利⽤が進み、最終処分場を内陸で確保することは、困難な状況であった。このような状況に対処するため、近畿圏の⾃治体、港湾管理者が共同して、⼤阪湾の埋⽴てにより、近畿圏から発⽣する廃棄物の最終処分を⾏うとともに、埋め⽴てた⼟地を利⽤して、港湾機能の整備を図ろうと、⼤阪湾フェニックスプロジェクトが進められてきている。
本講演では、⼤阪湾フェニックスプロジェクトの構想が作られた経緯、プロジェクトを進めるための法律の制定から、プロジェクトがいかに進められてきたか、阪神淡路⼤震災での災害廃棄物受⼊れ、将来への課題まで幅広く、プロジェクトに携わった⽅々から紹介する。20世紀後半から今⽇までの70年間は、我国のインフラ整備事業が最も広汎かつ⼤規模に進められた時期であり、現在の我国社会が享受しているインフラサービスの過半がその時期に新たに整備されたり⼤改良を加えられたりした事業の成果そのものであるといって過⾔ではありません。それらの事業の記録はさまざま形で残されていますが、それに関わった⼈々の声を聴く機会は少なくなっています。

参加費 無料
開催日時

2022年 1⽉24⽇(⽉) 15:00〜17:00

形式 ZOOMウェビナーによるライブ配信
主催

(⼀社)建設コンサルタンツ協会

セミナー名称 令和3年度国際セミナー「森林で沿岸域を守る -防災・減災技術の開発に向けて-」
概要

本セミナーは、途上国の沿岸域で暮らす人々を災害から守る森林技術の開発に向け、マングローブ林の造成と管理について、これまでの経験、最新の知見、現地ニーズと取組みについて各国から報告します。さらに、「防災・減災機能を有する森林の造成と管理」をテーマにパネルディスカッションをおこない、今後の課題と方向性について議論します。

参加費 無料
開催日時

2022年1月26日(水曜日) 14:00-16:30

形式 会場(有明セントラルタワーホール&カンファレンス)またはオンライン参加によるハイブリッド形式
主催

国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所