MENU

セミナー一覧

セミナー一覧

7月セミナー情報

FIT価格55円 今、注目の小型風力発電事業 最前線
概要 FIT価格55円という魅力的な売電価格を誇る小型風力発電(20kW未満)は、今最も注目を集めている再生可能エネルギーです。各メーカーも続々参入を始めており、今後、発電事業者の爆発的な増加が予想されます。今回は、小型風力発電事業に多くの知見を有するSDバウエナジー社と共に、小型風力発電事業の今を分かりやすく、ご紹介致します。
参加費 無料
開催日時 2017年7月20日(木)15:00 ~ 17:00 (開場14:45 )
開催場所 東京都中央区立環境情報センター【研修室1】
主催 株式会社スマートエナジー (セミナー担当)
環境ビジネス転職セミナー
概要 日本の経済状況や政策動向により、毎年環境ビジネスの市場は拡大を続けています。 環境に関する新しい取り組みや、法令整備によっても刻々と変化を続けている環境ビジネスの「今」を最新の資料と、マッチングディレクターの解説でわかりやすくご説明いたします。
環境ビジネスでの転職を目指す方も、興味はあってもまだ転職に踏み切れない方も、一度セミナーに参加してみませんか? 今後のキャリア形成にぜひお役立てください。
参加費 無料
開催日時 2017年7月21日(金) 18:30~20:00
開催場所 株式会社グレイス セミナールーム
主催 株式会社グレイス
第8回 日本昆虫科学連合・日本学術会議 公開シンポジウム「昆虫の恵み―その多面性―」
概要 ヒトは古くから絹糸や蜂蜜など昆虫の生産物を利用することで、その生活を豊かなものとしてきた。しかし、ヒトが昆虫から受ける恩恵はこのように目に見えるものばかりではなく、むしろ、目に見えない恩恵の方が大きい。本シンポジウムでは「昆虫の恵み」を基本テーマに5名の研究者に話題を提供していただき、昆虫がヒトにもたらす恩恵の多面性に光を当てることとした。
まず、昆虫の体の構造や生理機能を学ぶことで新規な性質を備えた素材や製品・医薬品を生み出そうとする最新の動きについて、浜松医科大学の針山博士と(国)農業・食品産業技術総合研究機構の立松博士にご講演いただく。つづいて、京都ニホンミツバチ研究所の坂本博士と東京農業大学総合研究所の赤井博士には、私たちにとって比較的なじみの深いミツバチと絹糸昆虫について、新たな知見やその生産物の有効利用法についてお話しいただくこととした。最後に京都大学の沼田博士には、一般には知られていない「ハエのウジを使った創傷治療」について紹介していただく。
本シンポジウムが、昆虫がヒトに与える恵みの多面性とその大きさについて認識を深める機会となることを強く期待している。
参加費 無料・事前申し込み不要
開催日時 2017年7月22日(土)13:00~16:45
開催場所 東京大学農学部1号館8番教室
主催 日本昆虫科学連合、日本学術会議農学委員会応用昆虫学分科会
公開シンポジウム「海洋生物学の未来社会への貢献」
概要 海洋生物学は、地球環境と人類の将来を担っている。その研究と人材育成には多くの教育研究機関がたずさわっている。本シンポジウムでは、海洋生物学のさまざまな分野の研究者にお話しをいただき、海洋生物学の現状に焦点をあてて、未来社会にどのように貢献していけるかを考えたい。
参加費 無料(事前登録要)
開催日時 2017年7月25日(火) 13:00~17:00
開催場所 東京大学小柴ホール
主催 日本学術会議 海洋生物学分科会
魅力ある水辺空間の再生を目指して!~多自然かわづくり、これからの軌道~
概要 今年は、平成9 年の河川法改正から20 年になります。6月には、河川法改正20周年多自然川づくり推進委員会より「持続性ある実践的多自然川づくりに向けて」が提言されました。
そこで、本シンポジウムでは、今後の多自然川づくりが進むべき具体的な方向を議論するとともに、魅力ある水辺空間を再生する上での具体的な課題と解決に向けた方策を明確にしたいと思います。具体には、
・空間的に広がりのある水辺拠点の空間整備手法
・都市河川における水辺空間の整備手法
・水辺空間を再生する際の河川用護岸ブロックの活用方法
について、事例を交えて議論します。
参加費 無料
開催日時 2017年7月25日(火) 13:30~17:00 (受付/12:00~)
開催場所 ヤクルトホール
主催 国立研究開発法人 土木研究所 水環境研究グループ自然共生研究センター
ISAP2017「持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム」
概要 ISAP (International Forum for Sustainable Asia and the Pacific) は、国際的に活躍する専門家や政府、国際機関、企業、NGO関係者が一堂に会し、持続可能な開発についてアジア太平洋地域の視点から議論を行う国際フォーラムです。IGESと国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)が年1回開催しており、今年で9回目を迎えました。
「パリ協定」、持続可能な開発目標(SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実施に向けて、国のみならず都市や企業、金融機関といった様々なアクターが積極的な取り組みを進めています。脱炭素社会と持続可能な開発を実現するためには、私たちのライフスタイルや行動、価値観、社会規範を含む社会経済システム全体の抜本的な変革が必要です。ISAP2017では、多様な視点・知見を共有しながら、望ましい将来への共通のビジョンとそれを伝えていくストーリーを共創し、社会経済システムの変革に向けて、持続可能性を中心に据えた取り組みをどのように進めていくのかについて議論を深めます。
参加費 無料
開催日時 2017年 7月25日(火)26日(水)
7月25日 9:00-17:20
7月26日 9:00-17:15
開催場所 パシフィコ横浜会議センター 3F
主催 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
東京の川を考えるシンポジウム2017~みんなで見つけよう!水辺のStory 東京の川~
概要 東京の河川・水辺のにぎわいの創出に向けて、河川において地域と一体となった取組が進んでいます。そこで、本シンポジウムでは、水辺のにぎわいの創出につながる事例をまちづくりやコミュニティデザインの観点から紹介します。
さらに、東京の河川・水辺のにぎわいを創出するための新たな方法について、水辺を活用されている事業者や地域の観光に取り組まれている方々とディスカッションします。
参加費 無料
開催日時 2017年7月26日(水曜) 13時30分~16時30分
開催場所 都民ホール(都庁議会棟1階)
主催 東京都建設局
地球研オープンハウス2017
概要 総合地球環境学研究所(地球研)では、研究所の活動を一般の方々に広くご紹介するため、一般公開(オープンハウス)を開催いたします。
参加費 入場無料・申込不要
開催日時 2017年7月28日(金)9:30~13:00/9:00 開場(最終受付 12:30)
開催場所 総合地球環境学研究所
主催 総合地球環境学研究所
土木学会地下空間研究委員会(主催)夏休み親子現場見学会
概要 相鉄・東急直通線は、相鉄・JR直通線羽沢駅(仮称)と東急東横線・目黒線日吉駅間約10kmを新設するものです。今回見学頂く新横浜駅(仮称)は、相鉄・東急直通線に設けられる地下駅で、東海道新幹線、横浜線および横浜市営地下鉄ブルーラインとの乗換駅となります。地下約30mまで掘削して築造する地下駅工事の様子を見学し、地下工事に関する知識を学んで頂きます(工事用仮設階段の昇降を伴います)。
参加費 無料
開催日時 2017年7月29日(土)13:00~16:30(予定)
開催場所 相鉄・東急直通線,新横浜駅他工事
主催 土木学会 地下空間研究委員会
【調達・CSR部門向け】エコステージ協会公開セミナー「協力企業と連携したサプライチェーンの強化について」
概要 企業はグローバル化や環境、CSR等での多くの経営リスクに対応しています。特にサプライチェーンのリスクは近年企業経営に直結したものとなっています。
今回のセミナーでは、行政の視点、企業を取り巻くトレンドのインダストリー4.0の世界動向、また協力会社の体質強化の先進事例等から「企業が配慮すべきサプライチェーンマネジメントの戦略の在り方」について学びたいと思います。
参加費 無料
開催日時 2017年7月28日(金)14:00〜17:00 (受付13:30〜)
開催場所 東京大学 本郷農学部キャンパス内「弥生講堂一条ホール」
主催 一般社団法人 エコステージ協会
「スマート保安セミナー」~スマート保安及びサプライチェーンにおける産業保安の重要性~
概要 多くのプラントで全面的なリニューアルが遅れ、老朽化が進むほか、保守・保全管理の実務を担ってきたベテラン従業員が引退の時期を迎えつつある中、安全性・生産性の維持・向上を両立していく手段として、IoT等の先進技術を活用した「スマート保安」が益々重要となっています。
そうした中、経済産業省では、IoT等を活用した「スマート保安」に取り組む事業者に対して優遇措置を付与する制度見直しを進めています。
今般、「スマート保安セミナー」を開催し、石油精製、石油化学、一般化学、電力、鉄鋼業等のプラントを有する事業者の皆様を対象として、以下の内容について、セミナー及びIoT等の新技術の展示会等を参加費無料で開催いたしますので、ご参加をお待ちしています。
参加費 無料
開催日時 2017年7月31日(月)13:30〜(受付13:00〜)
開催場所 虎ノ門ヒルズフォーラム4階
主催 経済産業省

8月セミナー情報

市民公開講演会『グローバル成長を支えるエネルギー戦略と未来構想 ~北部九州の取組 影から光へ~』
概要 平成28年度に開催された「G7北九州エネルギー大臣会合」の場でもあった北九州市で再生可能エネルギー及びその他の低炭素技術の革新、省エネを含む、エネルギー分野における戦略と未来構想について、一般市民を対象とした講演会を開催します。
参加費 無料
開催日時 2017年8月1日(火) 14:00~17:15
開催場所 九州工業大学 記念講堂
主催 日本学術会議第三部、九州・沖縄地区会議、国立大学法人九州工業大学
日本学術会議主催学術フォーラム 放射性物質の移動の計測と予測-あのとき・いま・これからの安心・安全
概要 原発事故時の住民防護を考える上で、放射性物質の移流・拡散の計測(モニタリング)と予測は極めて重要な要素である。本フォーラムでは、福島第一原子力発電所事故時の緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)等の予測手法の問題点の検証と、現在の技術的到達レベルについて、これまでの地球惑星科学委員会における審議の成果を公表するとともに、その成果に基づいて対策を社会実装するときに忘れてはならないものは何かについての検証と分析を行う。それらを通じて得られた共通認識を踏まえて行うパネル討論では、真に住民の安全確保に貢献しうるモニタリングと予測があるとすれば、それらが備えるべき要件は何かを審らかにする。
参加費 無料(先着順)
開催日時 平成 29 年 8 月 7 日(月) 12:00 ~ 17:00
開催場所 日本学術会議講堂
主催 日本学術会議
環境ビジネス転職セミナー
概要 日本の経済状況や政策動向により、毎年環境ビジネスの市場は拡大を続けています。 環境に関する新しい取り組みや、法令整備によっても刻々と変化を続けている環境ビジネスの「今」を最新の資料と、マッチングディレクターの解説でわかりやすくご説明いたします。
環境ビジネスでの転職を目指す方も、興味はあってもまだ転職に踏み切れない方も、一度セミナーに参加してみませんか? 今後のキャリア形成にぜひお役立てください。
参加費 無料
開催日時 2017年8月10日(木) 18:30~20:00
開催場所 株式会社グレイス セミナールーム
主催 株式会社グレイス
日本学術会議公開シンポジウム『大地震に対する大都市の防災・減災』
概要 地震発生頻度の高いわが国において、構造物や機能は大都市に過度に集中し、地震災害リスクはますます高まっている。熊本地震においても建物やインフラ施設の耐震性の問題に加えて、多くの課題が顕在化した。本分科会では、大都市の震災リスクを低減するための建物・インフラ施設・情報インフラなどの高耐震化とそのための社会システムなどについて検討している。
本シンポジウムでは、来るべき大地震に備え、大都市の震災軽減につながる、強靭な都市・社会の構築に向けた提言案とその背景となる考え方を発表し、内容について議論する。
参加費 無料
開催日時 2017年8月28日(月) 12:00~16:00
開催場所 日本学術会議講堂
主催 経済産業省